プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webコンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
仙台スマホ対応ワードプレスサイト制作・アトリエSS


webサイト制作・運用関連事例
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

最近の記事

カテゴリー

またフリーシンセ音源レビュー♪ディレイとかあればよかったけど、つまみぐりぐりは楽しくてリード向き『keytosound-remedy』で遊んでみたぞ♪

こんにちわ。
これで『access-juliet』のシンセソロ作ったら『ネ申じゃね?』とおもったmikaん星人アワーです。
参考にしようとしましたが悲しいことに昔買ったCDがなくなっていました。てなわけで、またプラグインねた。


ちょっと古いけど(2007~2008あたりにはもうあったはず)、keytosound社のアナログっぽく使えるシンセサイザー音源プラグイン『remedy』で遊んでみました。

ちなみに『remedy』は、治療法や救済という意味です。ラ○クのフラワーっぽいイントロギターフレーズの曲もそのタイトルですね。


アナログシンセファンの心をくすぐるかのような、ユーザーインターフェース。
201201243
横にある木みたいな模様は、普通の人には、はっきり言っていらないですが(笑)、ファンには気分的な問題で絶対に必要なのです♪


LFOやアルペジエーターなど。
201201244
rateとピッチ・カットオフ(開いたり閉じたり)あたりをくっつけるのが個人的に好きです。ポルタメント(滑らかに音程移動)タイムなども調整できますね。Bメロをすこしテンション落とした場合の裏メロとかに使ってもいいでしょう


アンプリチュードエンベロープジェネレーター・フィルターなど
201201245
音色によってはあまりカットオフとresをそろえて上げたくありませんが、いちおう押さえときます。dec・susを切って歯切れよくも、って感じですが、市販品は大体できます(笑)フリーウェアにしては結構使えます。ただコアプレイヤーやアルケミーなどの高機能無料版が既にあり、少し目立たないかなー、そこがいいんだけど(笑)


んで、遊ぼうと思って、つまみをクセで右クリックしたけど何もならんかったので、オートメーションでパラメーター操作。(daw環境によっては違うので説明書見てくださいね♪)
201201246
ほぼすべてのパラメーターを制御できます。


んで、LFO rateとか呼び出して・・・
201201247


midiケーブルなくしたので、マウスでパラメーター変化を書き込みます。地獄のみさわさんのマンガの『ッターン』のごとく、『シャッ』って、すばやい手さばきで(嘘)
201201248




上記のような感じでいじって、メロコード2時間、編曲とパラメータエディット3時間くらいでなんかつくってみました。
ねたremedyで作ってみた(mp3)
ブログの容量が微妙で、ビットレート64に落としてもオーバーしてしまったので、192で外部サーバーへ。


まじこの音源だけで作るのは無理っす(愁)ということで、リード部分のみ使用。印象はリード向きでしたが、アルペジエーターにしてフィルターとかをオートメーションで操作してがんがん音変えたりしても面白いかもしれません。大事なのは使い込みとかチャレンジですかね?



ちなみにサポートされてる形式は
VST 2.4, RTAS 6, and RTAS 7 plugin format for Mac OS X (universal binaries) and RTAS for XP

LFO(ローフリケンシーオシレーター)部分:
- Global ON/OFF
- 6 Waveforms
- Adjustable Rate and Attenuation
- Pitch
- FM Modulation Send
- PW Modulation Send
- Cut off amount


Amp (アンプリチュードエンベロープジェネレーター)部分
- Attenuation
- Attack, Hold, Decay, Sustain and Release (AHDSR Envelope) controls
- Pulse Width Modulation Amount
- FM Modulation Amount


Filter (フィルター)部分
- Filter Amount
- Attack, Decay, and Sustain controls
- Cutoff Frequency
- Resonance Amount
- Drive Amount
- Mod Wheel Control Amount
- Velocity Control Amount


スペックなどは詳しくはあとでディベロッパーサイトを見てみましょう(しかし全部英語)。
http://www.keytosound.com/?desired_section=remedy#



ディベロッパーサイトがなんか微妙なので、ゲットする場合は海外プラグインポータルを使いましょう。(日本で言うとVectorみたいなサイトかな)
http://www.440audio.com/en/software/v4084-Keytosound-Remedy/
中央部分のタブでwin/macを切り替えて、環境にあわせてダウンロードしてください。しかしIE6ではタブで切り替えなくても全部表示されるというバグがあり、『ブラウザ新しくしてね』表記。あっちの方も『対応したくねー』って感じでしょうか。気持ちがすごくわかってしまいます’(愁)


てな感じで、クセはあったけど結構楽しめたので、時間があったらまたなんかに使うかもしれません。

んでわまた♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 音楽ブログへ


(↑面白かったらクリックお願いいたします♪)
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1378: by Mikaん星人アワー on 2012/01/26 at 12:54:43

>やまuTさま
お久しぶりです。音楽されてたのは初耳♪
うちのまわりではキューベース・SONAR使いが多いみたいです。

1377: by やまuT on 2012/01/25 at 08:32:45

御無沙汰しております!

なんか懐かしいです!
私も音楽やってた時にキューベースなど
いじっていましたもので…
学生の頃は授業でプロテュールス
触っていました!

リンク(相互大歓迎♪)

月別アーカイブ