プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webコンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
仙台スマホ対応ワードプレスサイト制作・アトリエSS


webサイト制作・運用関連事例
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

最近の記事

カテゴリー

【オワコン?】国内大手SNS・mixiに陰り。facebookも本国アメリカでは衰退の兆候。Second LifeやMyspaceなどの歴史に学び、流行ってるからと飛びつくのではなく、自分にあったものを使おう

おばんです。

別にプライベートな内容はあまりアピールしないし、他人のプライベートにも興味はなく、ブログあるからまあいいか的なmikaん星人アワーです。


先日はソシャゲの課金の話をしましたが、昨今ではソーシャルネット関連サービスの陰りがみえるようなことがちらほら報じられています。



mixiのユーザー数と「アクティブ」ユーザー数推移をグラフ化
http://news.livedoor.com/article/detail/6553362/


写真は上記より引用。どうやら2010年くらいからは、アカウントは増えているけど、ログインしてる人の数は大して増えてないことにより、幽霊会員割合が増加してるとのことです。
201205151.jpg

上記のサイト内では、mixi幽霊会員率は44.2%にも及ぶという点が述べられています。『一ヶ月に一回以上ログイン』という緩い条件なので、実際に積極的な交流・発言を行っている人はもっと少ないというのは確かでしょう。



また、俺にはあまり関係ないfacebookも、すでに落ち着いてきたor衰退兆候はみえるようです。


2011年に入ってユーザー数減少 本家米国で「フェイスブック疲れ」
http://www.j-cast.com/2012/05/08131264.html


調査会社グローバルウェブインデックス社によると、facebookは、サービス誕生の地アメリカでも多くの会員を獲得しましたが、2011年の段階ですでにユーザー数が減少に転じているとのことです。


友達のリア充ぶりを見てヘコむFacebook病
http://nikkan-spa.jp/199470

Facebook、利用者の「約7割」がストレスを経験…
http://www.rbbtoday.com/article/2012/04/05/88056.html


というようなニュースも出てきていることから、がたがた来そうな感じはあります。

個人的には数十人程度の身内をフェイスブックウォールに表示して、売れている・応援されている自分アピールしてる奴見ると、『このステマ野郎( ゚д゚)、』と、殴りたくなることもあります(笑)

リアル知り合いとかが混ざってると、不自然な感じ増強です。



そういうときはさっさと退会してもう見ないのが一番ですね♪俺は最初から飛びついてないけどね♪





ネットでかっこつけてるユーザーが減って、本来facebookを必要としてる人だけが残るような状態になれば、ある意味健全です。俺がザッカーバーグだったら喜びます(笑)ごり押しで『いま話題のサービス』とかやって、本来のターゲットじゃない人間がどんどん流入してるのが、現在の状況といえるかもしれません。



という感じで、話題のソーシャルの落日というのは、今に始まったことではなく、繰り返される歴史が証明しています。


例えば、今は大して話題にならないけど、2006~2007年ぐらいは『これ革新的じゃね?』って感じで、凄かったのが、音楽SNSのマイスペース。写真はプレゼン資料ですが、とんでもないユーザー数の伸び方でした。
201205152.jpg
俺は2006年くらいに飛びつきましたが(笑)、当時はソーシャルネットと言えばこれでした。

しかし、(俺の周りでは)音楽を聞きたい人よりアピールしたい人が固まってしまうといういびつな状態になってたりとか(多分他の地域でもそうかもな、マイスペ友達チェックしたらバンドマンばかりだったとか(笑))、カスタマイズ性の高さゆえどう手をつければよいかが一般ユーザーには不明だったりとかで、話題にならなくなりました。



また、メタバース(仮想空間)ソーシャルということで、セカンドライフもビジネス系メディアで大いにプッシュされましたが、一般ユーザーには『パソコン必須スペックが高すぎる』などで敬遠され、今のような状態に。


『ビジネス機会だ、新メディアで稼ぐ&人脈構築方法だ』とか不自然にアピールする代理店はもう出てくんな!( ゚д゚)、

と、歴史を知ってしまうと思います。一番よいのは『話題だから』とむやみに飛びつくのではなく、しっかり調べて、自分に合ったものを長く愛用することでないかなと思います。

このぶろぐも2008年くらいからありますからね(笑)



んでわまた♪




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 音楽ブログへ


(↑面白かったらクリックお願いいたします♪)
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: ソーシャルメディア
トラックバック
by まとめwoネタ速neo on 2012/05/18 at 19:12:44

おばんです。別にプライベートな内容はあまりアピールしないし、他人のプライベートにも興味はなく、ブログあるからまあいいか的なmikaん星人アワーです。先日はソシャゲの課金の話をしましたが、昨今ではソーシャルネット関連サービスの陰りがみえるようなことがちら...

トラックバック送信先 :
コメント

リンク(相互大歓迎♪)

月別アーカイブ