プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webコンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
仙台スマホ対応ワードプレスサイト制作・アトリエSS


webサイト制作・運用関連事例
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

最近の記事

カテゴリー

webサイト解析ねた~google検索セキュリティ強化でキーワード取得できず「not provided」。しかし「ページの傾向から予測」するか「ウェブマスターツール」などと照らし合わせてみよう。~

おばんです。


正直な話、ユーザーを個人が特定されるまで追跡するより(ソーシャルとかだと、すまほのgpsや通話履歴、コメントとかで深く特定されそうですけどね)、見て楽しんでもらうこと、役立つことに時間を割きたいmikaん星人アワーです。

あまり面白くなかった場合は冒頭文と矛盾が生じますが(愁)、本日はwebサイト解析ねた。


googleの解析analytics上でのデータで、検索につかったキーワードが取得されず、「not provided」と出てしまう現象が起こってると、ネット上で話題です。

not providedが増えてきた2012031801
うちのサイトですが3月くらいから増えてきてます。でもキーワードわかるほうが圧倒的に多く、not providedは全部で数十件だけどね(笑)


原因はアナウンスされていました。googleのブログ記事を見てみましょう。

googleの検索セキュリティ強化お知らせ
http://googlejapan.blogspot.jp/2012/03/google_06.html


この場合、googleアカウントにログインして検索したとき、キーワードは取得されず、analytics上でのデータが「not provided」と表記されるようです。


検索ユーザーからしてみれば、「検索したキーワードがばれない、趣向が読み取られない」という点でメリットですが(※ただしgoogleにはばれている(笑))、web管理者、webマーケッターとしてはちょいと困るかもしれません。


というわけで、(冒頭文のこともあるのであまり深くしらべていませんが)このような場合の対処2パターンを紹介。

対処1:そのページの傾向から予測する

まずはキーワードが「not provided」となる場合について調べます。数十件を解析したのであまり参考になりませんが。
2012031802
googleアカウント関連だけあって、クロームが多いですね。まあここはあまり重要でない。



次に「not provided」さんたちが、どのページに飛んでるかをチェックします。
2012031803
上から数字が大きい順になっており、どうやらrecg2というページに飛んでいることが多いようです。

ちなみに、間違ってindexに飛んだのはです(笑)


このページは、役割上は「調べものをしたい方が調べて自己解決する」という類のページのため、あまり売り上げとかに直結するわけではありませんというわけでハイ終了♪


とやるのも無責任なため、「コンテンツ」で、このページがランディングページになってる場合について、どんなキーワードで入っていることが多いかを予測します。
2012031804
ちょっとぼかしちゃったけど、このページはエフェクターについて調べている方が多くアクセスしている傾向があります。調べ物に使っていただき、まことにありがとうございます。

当方にはこれ以上つっこんで特定するのはあまり乗り気でないですが、もう1パターンもご紹介。



対処2:webマスターツールと照らし合わせる

analyticsにデータがなくても、ウェブマスターツールには残ってるかもしれません。
2012031805
あんまり期間が長いと照らし合わせも大変なので(エクセルとかで管理してうまくやっている方もいらっしゃいます。検索してみましょう。)、とりあえず2日くらい、解析したい日をanalyticsとあわせます。


で、比べてみると、analyticsになくてもウェブマスターツールに表示されてるキーワードがわかりました。
ウェブマスターツールとanalyticsを照らし合わせる2012031806
こまかなエフェクト設定についてや、ITに強そうな人が使うキーワードっぽいですね。表示されなかったのは。


しかし、100%追跡できない場合もあります。以下の説明をご覧ください。


ウェブマスターツールのデータと他のサービスのデータが一致しない理由
https://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=1213138

「アナリティクスの JavaScript コードが正しく設定されたページへのアクセスのみがトラッキングされるが、ウェブマスター ツールでは、アナリティクスのトラッキング コードのないページでも、ユーザーが検索結果からアクセスした場合トラッキング」などといったいくつかの事例において、一致しない場合もあるので、参考程度にとどめておきましょう。




いやー大変だった。深くつっこむとこの5倍くらいの文量になりそだけど、力尽きたのでここで終了。あとは解析して終わりでなくて、それよりも見て楽しんでもらえるとか、役に立ったみたいなのをもっと考えていきたいですね。


んでわまた♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 音楽ブログへ


(↑面白かったらクリックお願いいたします♪)
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1393: by Mikaん星人アワー on 2012/03/22 at 18:20:09

>やまuTさま
ご訪問・コメントありがとうございます♪

1392: by やまuT on 2012/03/20 at 01:42:47

こんにちは!

遊びに来ました!
また来ます!

リンク(相互大歓迎♪)

月別アーカイブ